ZEROCADニューライト ベーシックCAD

※イメージを伝え易くするため、コマンド名称に若干の変更を加えております

作図の為の機能

線

  • 単線
  • 二重線
  • 垂線
  • 自由2
  • ・○
  • 連続線
  • 分割線
  • 角度線
  • 単線C
  • ○○
  • 平行線
  • 垂水線
  • 自由1
  • 連続線C
利用シーン
  • 22種類の線種が用意されています。
  • 任意の間隔を持つ二重線を引きたいときは、二重線機能を使います。
  • 自由線では、自由な曲線を描くことができます。
  • 単線Cにはカット機能があり、既存の線を切ることができます。
  • 等間隔の平行線を連続で引くことができます。
  • ・○は点と円を結ぶ線描きます。
  • ○○は円と円を結ぶ線を描きます。
矩形

矩形

  • 矩形
  • トラック形
  • 角数
  • 角矩形
  • 丸矩形
  • 台形
利用シーン
  • 矩形の角を落とす(面取り)ことができます。
  • 角数機能を用いることで、複雑な矩形を描くことができます。
円・弧

円・弧

  • 半径(円
  • ・・・(円
  • ・・角(弧
  • −○径(弧
  • 楕円弧
  • 中心点(円
  • 半径角(弧
  • ・・・(弧
  • 楕円
  • ・・径(円
  • ・・(円
  • ・・径(弧
  • −−径(弧
  • 楕円2
  • −−径(円
  • 同心円
  • −−−(円
  • −−○(円
  • ○○−(円
  • ○○○(円
  • 半径C(円
  • 中心点C(円
  • ○○径(弧
  • ・−径(弧
  • ・○径(弧
  • 同心弧
  • カット弧
利用シーン
  • ・「点」 ○「円」 −「線」 などを基点とした円・弧を描くことができます。
  • カット機能を用いると、円・弧の下敷きとなった線が分断されます。
  • 円・弧の描き方の数だけ、上記の機能が用意されています。
点

  • 単点
  • 両端点
  • 垂直点
  • 距離割
  • 分割点
  • 交点
  • 角度点
  • 円分割
利用シーン
  • 点の打ち方の数だけ、上記の機能が用意されています。
文字

文字

  • 単記入
  • 移動
  • 連記入
  • 拡/縮
  • 文字分解
  • 訂正
  • 編集
  • 連番
  • 範囲
  • 引出線
利用シーン
  • 編集機能では、バラバラに配置された複数の文字列の属性(フォント・スタイル・サイズ等)を一括変換できます。
  • 拡/縮機能では、文字の形をフリーハンドにて、変更できます。
  • 文字分解機能を用いると、文字が図形のみで描かれます。
  • 範囲機能では、特定の範囲内に文字を均等配置することができます。
寸法線

寸法線

  • 水平
  • 自由
  • 補助寸法
  • 振分
  • バルン引出
  • 垂直
  • 半径
  • 角度
  • 累計
  • 平行
  • 直径
  • 垂線
  • 周長
利用シーン
  • 平行・水平・垂直方向の寸法線を引けます。
  • 自由機能では、自由に寸法線を引くことができます。
  • 半径・直径は、円に対し、寸法線を引く機能です。
  • 補助寸法は、既存の補助線に対し、寸法値を付加させる機能です。
  • 角度は、交わる二線間の角度値を付加させる機能です。
  • 累計は、推計寸法値を付加させる機能です。
  • 周長は、円弧周りの寸法値を付加させる機能です。
ハッチング

ハッチング

  • 平行
  • 煉瓦
  • オフセット
  • 格子
  • 塗潰
  • 色パレット
利用シーン
  • 作成済みのハッチングを保存、呼び出すことが可能です。
  • 作成した色をパレットに保存、呼び出すことが可能です。
  • 平行線・格子・煉瓦・塗潰等の模様が用意されています。
部品

部品

  • 選択
  • 登録
  • 整理
  • 集計
利用シーン
  • 使用頻度の高い記号などを部品として登録、整理し、必要なときに呼び出します。
     DXF形式の資材データ等を読み込み、部品として登録することも可能です。
  • 図面に配置された部品を集計することができます。
DXF

DXF

  • 読込
  • 保存
利用シーン
  • メーカーサイトからDXF形式の資材データなどをダウンロードし、読み込むことができます。
  • 図面をDXF形式に保存、他社様のCADで図面を開くことができます。

図面の修正に便利な機能

移動

移動

  • 移動
  • 複写
  • 回転移動
  • 回転複写
  • 面移動
  • 連続複写
  • 反転移動
  • 反転複写
利用シーン
  • 様々な移動・複写の機能を用意いたしました。
消去

消去

  • 一括
  • 交線
  • 矩形外
  • 間切断
  • 単独
  • 矩形内
  • 多点消
  • 全消去
利用シーン
  • 様々な消去機能を用意いたしました。
編集

編集

  • 線伸縮
  • 線揃え
  • 面取り
  • 変更
  • 取込/貼付
  • 線結合
  • 角揃え
  • R面取り
  • XY倍率
  • バック化
  • 分割
  • 円伸縮
  • 点移動
  • パメラトリック
  • パック解除
  • ドラフト
利用シーン
  • 線を伸縮、結合、分割、揃えたりと自由自在。
  • 面取り/R面取りは、矩形の角を取ったり丸めたりする機能です。
  • 点移動は、点に交わる要素すべてを移動させることのできる機能です。
  • 変更機能を用いると、線・ハッチング・文字などの属性(色・線種・レイヤ・線幅)を一括変更する事ができます。
  • XY倍率により、描画した記号などを拡大・縮小可能です。
  • パラメトリックは、部品は位置時に数値入力することで形を変化させる機能です。
  • 取込/貼付は、図面上の記号を取り込み、ビットマップ、メタファイルに変換、ワードやエクセルにデータを貼り付けることのできる機能です。
  • 既存の図面の一部を取り込み、作成中の図面へ貼り付けることも可能です。
  • パック化は、線や円などの要素をひとまとまりの要素に変換する機能です。
  • ドラフト機能を用いることで、設定した角度へのみ、線を引くことができます。

様々なシーンに用いられる便利な機能

表

  • 表作成
利用シーン
  • 表作成は、罫線を描画する機能です。
スケール

スケール

  • スケール設定
  • スケール削除
  • スケール変更
利用シーン
  • 図面の任意部分を縮尺変更することが可能です。
オブジェクト

オブジェクト

  • 作成
利用シーン
  • 他アプリケーションのデータを取り込むことができます。代表的なものとしては、ワード、エクセル、PDF等のデータです。画像などを下書きとして読み込むことも可能です。
レイヤー

レイヤー

  • レイヤ移動
  • レイヤ複写
  • レイヤ保存
  • レイヤ切替
利用シーン
  • 100枚のレイヤが用意されています。
  • レイヤ移動は、指定したレイヤの内容を、任意のレイヤへ移動する機能です。
  • レイヤ複写は、指定したレイヤの内容を、任意のレイヤへ複写する機能です。
  • レイヤ保存は、現在のレイヤ状態(編集可・表示・非表示)を保存するための機能です。
  • レイヤ切替により、保存済みのレイヤ設定を呼び出すことができます。
  • 配管データは配管用レイヤーへ、という具合に、レイヤごとにコマンドを自動的に割り当てることができます。
計測

計測

  • 点間計測
  • 要素
  • 周囲
  • 角度
  • 面積
  • 線間計測
  • 要素数
利用シーン
  • 要素は、線・円・弧などの長さ・角度・レイヤ番号・ペン番号をダイアログボックスに表示する機能です。
  • 面積は、指定した範囲の面積を計測、値をステータスバーに表示する機能です。
  • 要素数は、図面上にある線・円等の要素の個数を表示する機能です。

素早く正確に作図するための機能

メニュー

メニュー

  • ショートカット
  • ユーザメニュー
  • ポップアップ
利用シーン
  • ショートカット機能により、キーボードにコマンドを割り当てることが可能です。
  • ユーザメニュー機能により、コマンドをフォルダ別に振り分け、整理、呼び出すことが可能です。
  • 右クリックにより表示されるポップアップへは、使用頻度の高いコマンドを割り当てます。必要なときに瞬時にコマンドを呼び出すことができます。
モード

モード

  • バック
  • サーチ
  • ドラフト
  • ペン
  • 線幅
  • セレクト
  • 数値入力
  • レイヤ
  • 抽出
  • オフセット
  • 線種
  • 線端種
利用シーン
  • 素早く正確に作図するために様々なモード機能が用意されています。
  • パックモードをONにすると、部品などをひとつのかたまりとして扱うことができます。
  • セレクトモードでは、線や文字など特定の要素のみを編集不可能にすることができます。図面の全要素を一括削除しても、線や文字などのデータだけを図面に残しておく事ができます。
  • 線種ボタンから、ワンタッチで22種類の線種を選ぶことができます。
  • サーチモードでは、図面に描かれた要素を移動させる際に便利です。自動で点、線上、中点、交点、グリッドなどをサーチし、選択することができます。
  • ドラフトモードをONにすると、フリーハンドで任意の角度の線を引くことができます。
  • レイヤボタンから、100枚のレイヤそれぞれに対し、表示・非表示・編集可を設定することができます。
  • ペンボタンから、ワンタッチでペン色を変更することができます。
  • 抽出モードをONにすると、配置済みの図形や部品から当時使用したコマンドを予測、『レイヤー・線種・ペン番号』を抽出し再入力できるようになります。
  • 線幅ボタンから、線幅をワンタッチで変更することができます。
  • オフセットモードをONにすると、距離や方向を指定しながらの作図を行うことができます。X方向、Y方向、XY方向、/L(角度)線上方向、/(角度)X方向、/(角度)Y方向が用意されています。

図面を整理するための機能

整理

整理

  • 保存
  • 挿入呼出
  • 領域保存
  • 圧縮整理
  • 解凍読込
  • 呼出保存
利用シーン
  • 保存機能では、物件ごとに図面を保存・整理しておくことが可能です。
  • 保存呼出は、作図中の図面を保存、新たな図面を呼び出すための機能です。
  • 挿入呼出は、作図中の図面へ、既存の図面を呼び出す機能です。
  • 領域保存は、指定した領域のみを保存する機能です。
  • 圧縮整理は、UnDo情報や不要なデータを圧縮し、全体のデータ量の軽減をはかるための機能です。
  • 解凍読込は、圧縮された図面を解凍、読み込むための機能です。
印刷

印刷

  • プリンタ
利用シーン
  • プリンタは、印刷するための機能です